Statistics Date統計資料

生産台数の推移

業界情勢

2020年度は国内市場がオリンピック・パラリンピック関連需要の一巡感から、端境期にあったことに加えて、新型コロナウイルス感染拡大による新規物件の延期・中止の影響を受け、生産台数、据付台数ともに減少した。据付台数の減少は6期ぶりである。海外市場では新型コロナウイルス感染拡大の影響が更に大きく、大規模現場が止まったことなどにより、3期連続の減少となった。今年度に入り、再開しつつある現場もみられるが、回復基調は鈍く更に注視が必要である。
2021年度は国内向け生産台数132千台と微増、海外向け生産台数は二桁減の9千台、総生産台数 141千台と予測した。

このページのトップへ